ポメラDM20の価格が安い!キーボードは打ちやすいのか?活用シーンは

pomera dm20_1
ポメラというのは、文房具メーカーのキングジムが売っている、コンパクトなワープロのようなものです。(下の写真は折りたたんだ状態です)
pomera dm20_2

ワープロといってもテキスト入力しか行えません。(文字の大小とか色は付けられない)

ちょっとしたメモ取りやスケジュール帳、文章作成用に使えるかも。と思い購入に至りました。

これから購入する方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

ポメラDM20の価格が安い!

DM20は現在、販売終了となっていますが、新品の在庫はあるようです。

amazonでは、DM20の新品約24000円、中古約12000円~となっています。(中古ならお手頃価格♪)
キングジム デジタルメモ ポメラ DM20クロ リザードブラック

ポメラDM20のキーボードは打ちやすい?

ネットで検索しますと、「コレ打ちやすい~」と絶賛されております。

それは、「この大きさにしては」という言葉が前につくのでしょう。
(写真はポメラDM20と13.3インチノートパソコンを比較)

pomera dm20_4

pomera dm20_5

両手打ちした正直な感想。指先をちまちまと動かす感じでストレスがたまります。

変換機能がイマイチなので、打ち替えることもよくあります。

なので、最初にちょこちょこと使ってはみたものの、そのままの状態に。

ポメラDM20を活用できるシーンとは

その1.ネットでよく紹介されているのは、「通勤時」ですね。

通勤に1時間かかるから、その間に何か・・・というわけですね。

しかし、自分はマイカー通勤なので使えません。電車なんて1時間に1本あればいいですので、選択肢にはいりません。

その2.営業やってて担当者との時間調整するため、喫茶店で思いついたアイディアやスケジュール管理を入力・・・

営業やってないんで、そういう空き時間はあがってこないんです。出張もないし。

その3.会議の議事録作成やセミナー内容のメモ

両手打ちはできますが、会議やセミナーの進行についていけるほどの入力スピードはないです。

その4.病院の待ち時間とか。

いつ呼ばれるかわからないので、文章作成に集中できない。

挙げれば挙げるだけ、使わない理由が明確になってきます。(笑)

逆に言えば、上記に当てはまる方で、ほぼ打ちミスがない方なら便利でしょう。

Sponsored Link

最後に

使う気にならないのは、、見た目が地味だからというのもあるかもしれません。

ポメラを開いてみることにワクワクしないのです。

自分には、SONYのVAIO type P(販売終了)の方が、まだ合っているのかもしれません。

127359430508016319478_vaiotypep100512

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする