このドライブにwindowsをインストールすることはできませんー解決と原因

以前にwindows7→windows10にしたNECのLS150/Eですが、いろいろありまして、SSDに改装することになりました。

新品SSDを用意して、デスクトップ機のwindows10にてフォーマットし、途中までは進んだものの、「このドライブにwindowsをインストールすることはできません」の表示。

このメッセージを検索窓に入れ、検索した結果をまとめると、

スポンサーリンク

コマンドプロンプトでdiskpartコマンドを使ってcleanをしてconvert MBRまたはGPTをすればいいよ

しかし、何度やってみても「このドライブにwindowsをインストールすることはできません」の表示。

パーティションを「削除」して、「新規」→「適用」しても
「このドライブにwindowsをインストールすることはできません」の表示。

【このドライブ 】 って言ってんだから、ダメかとあきらめていましたが、解決しました。

解決法1:このSSDをwindows7パソコンにてフォーマットした。

手順

SSDを外付け用ケースに入れ、USBケーブルにてwindows7パソコンに接続

スタートボタン→コントロールパネル→システムとセキュリティ→管理ツール→コンピュータの管理→記憶域→ディスクの管理→

外付けのSSDを指定し、ボリュームの削除・・・→クイックフォーマット

USBケーブルを抜いて、SSDをケースから出し、ノートパソコンに取り付け

windows10インストール用のDVDをノートパソコンにセットし、電源ON

インストール方法が2つ表示されますが、下のほうを選択。

ドライブ0 パーティション1 15MB MSR(予約済)
ドライブ0 パーティション2 930GB プライマリ

パーティション2をクリックすると、「このドライブにwindowsをインストールすることはできません 」の表示。かといってパーティション1は容量が小さすぎて入らないし。

ここで、パーティション2とパーティション1を削除すると、 「このドライブにwindowsをインストールすることはできません 」の表示が消えて、次に進めました。

急いで書いたので、画像なしですみません。

解決法2:windows10パソコンにて再度フォーマットした。

原因:windows10パソコンにて「 新しいプールと記憶域の作成 」でフォーマットした

どうやら適切でない場所でフォーマットしたのが原因のようです。


その場所とは…
コントロールパネル>システムとセキュリティ>記憶域の管理> 「新しいプールと記憶域の作成」

ここは、1つのデータを2つ以上のディスクに同時書き込みする設定をする場所のようです。

ここで、シングルモード(1つのデータを1つのディスクに書き込む)を指定してフォーマットしたことが原因のようで、この設定がクリアできないために、「このドライブにwindowsをインストールすることはできません」となったと思われます。

画像は準備中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする