パソコンの容量の単位のGBとかTBって何?TBより大きい単位はあるの?

パソコンやビデオレコーダーのチラシをみていると出てくるGBやTB。

数字の大きい方が容量は大きいことはわかるんだけど、GBとTBはどう違うの?

わかりやすく説明いたします。

スポンサーリンク

パソコンの容量の単位の仕組み

コンピュータというのは、命令や計算、一般で使っている数字も0と1に置き換えて動いています。

私達が使っている10進数では0~9の数字を使いますが、コンピュータには適していません。

適しているのは、0と1しか使わない2進数です。

例えば、200という数字はコンピュータ内部では2進数に変換され扱われています。

10進数と2進数

10進数では10になるごとに位が上がります。

2進数では2になるごとに位が上がるんです。

2進数の1桁をビットといいます。

2進数で8桁のものを8ビット=1Byte(バイト)といいます。

GB(ギガバイト)やTB(テラバイト)のBはこのことです。

8ビットでは0~255までの数字を表すことができますので、

1バイトでは、(0または空白も1種類と数えると)256種類の文字一つを記憶することができます。

パソコンの容量のGBとTBはどっちが大きい?

Sponsored Link

1バイトで1文字の記憶しかできません。実用にするには1000バイトくらいは欲しいところです。

そこで1024バイト=1kB(キロバイト)と表現するようになりました。

さらに容量が増えて1024KBになると1MB(メガバイト)に

さらに増えると1024MB=1GB(ギガバイト)

さらにさらに1024GB=1TB(テラバイト)

なぜ1024なのかというと、2進数で10桁目が1024だからなのです。

もう一度最初の図をみてください。

10進数と2進数

左次の位は必ず2倍になっていますから、

128の位の次は、256の位。その次は512の位。その次は1024の位になるんです。

パソコンの容量でTBより大きい単位はあるの?

はい、1024TBで1PB(ペタバイト)になります。

それより大きい単位もありますが、さきほどの復習も重ねて載せておきます。

1Byte(バイト)=8ビット

1KB(キロバイト)=1024Byte(バイト)

1MB(メガバイト)=1024KB(キロバイト)

1GB(ギガバイト)=1024MB(メガバイト)

1TB(テラバイト)=1024GB(ギガバイト)

1PB(ペタバイト)=1024TB(テラバイト)

1EB(エクサバイト)=1024PB(ペタバイト)

1ZB(ゼタバイト)=1024EB(エクサバイト)

1YB(ヨタバイト)=1024ZB(ゼタバイト)

まとめ

コンピュータの世界では2の倍数のほうが都合がいいのです。

だからSDカードも1GBの次は2GB、次は4GB、8GB、16GB、32GB、64GB、128GBというラインナップになるんです。

お役に立てたら嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする