windows7からwindows10へアップグレードしたらエラーが出る理由がわかった

この記事は、windows7が入ったパソコンに、windows10をインストールしたものの、エラーの続出。それを克服した体験談です。

1年前くらいに、無償でwindows7からwindows10へアップグレードできたこと、覚えていますか?

あのときは、勝手にアップデートを始めてwindows10にしようとするから反感がありましたよね。

今でもできるんだろうかとネットで調べるとできるとの事なので、筆者のノートパソコン(富士通)を試しにやってみると問題なくできました。

そこで、パソコン教室の生徒さんのノートパソコン(NECのLS150/E)もやってあげることにしたのですが、これがまた大変でした。

筆者のいつものやり方なんですが、アップグレードする前にGlary Utilitiesというソフトを使って、ソフト的に不具合な箇所をクリーンにしてから行います。

Glary Utilitysを走らせてみたところ、このような画面に。

レジストリクリーナー  36個の問題点を発見
ショートカットの修復  43個の問題点を発見
スパイウェアの除去   問題はみつかりませんでした
ディスクの修復     1個の問題点を発見
一時ファイルクリーナー 754.89MBのファイルを発見
スタートアップの管理  問題点はみつかりませんでした

問題だらけですね。問題点を修復ボタンを押してクリーンにしました。

Glary Utilities のインストール方法、使い方は過去の記事で載せております。

スポンサーリンク

windows7からwindows10へのアップグレード方法

まず、windows10をダウンロードします。

検索窓に「windows10 アップグレード」と入力し、検索すると

Windows10のダウンロード-Microsoft をクリックします。
このツールを利用して、別のPCに……をクリックします。

3つの選択肢から2番めを選んだのは
・windows10を一旦メディアに落としてからインストールした方が、全てネットから通信しながらインストールするより、安定するのではないかということ。
・筆者の場合は、知り合いからwindow10にする依頼が今後も続くから。
・windows7が入ったまま、windows10がインストールできない場合、ハードディスクをフォーマットしてからならwindows10が入るかもしれない。その場合、windows10の入ったDVDが必要になる。
以上の理由からです。(画面には、USBフラッシュドライブ(USBメモリ)でもDVDでも良いとありますが、DVDがおすすめです。(フォーマットしたHDDまたはSSDにwindow10をインストールする場合、USBメモリを読み込まない場合があります))

windows10のISOファイルを入れたDVDをドライブに入れてインストールを開始します。

DVDをセットします。
setup.exeをクリックします。
はい(Y)をクリックします。
準備中・・・
次へ(N)をクリックします。
同意する(A)をクリックします。

※この場面では…次のように表示されています。
 更新プログラムをダウンロードしています。
 これには数分間かかることがあります。
 更新プログラムをチェックしています:46%

この46%からパーセンテージが全然増えない時間が何時間も続くことがあります。(知人のパソコンでも経験あり)なので、windows7からwindows10へのアップデートは1日かかるくらいのつもりで臨んでください。時間のない方は、睡眠中にインストールさせましょう。例えば、睡眠前に2画面前での同意する(A)ボタンを押す。など

情報の更新(R)をクリックします。
インストール(I)をクリックします。
windows10はインストールできず

SET_PRODUCT_KEY操作中にエラーが発生したため、インストールはSAFE_OSフェーズで失敗しました。

ちなみに画面右下の 閉じる(L)をクリックすると、windows7が立ち上がります。

エラーコードは0x800700B7 – 0x2000E
エラーメッセージは読めますが、
発生原因もよくわからないし
どこで失敗したのか?わかりそうでわからないし、
結局どうすればいいのかもわからない。

エラーメッセージを入れて、検索しまくります。

「周辺機器を外して、wifiを切ると良い」周辺機器っていってもマウスしかつなげてないし、これは問題ないだろう。wifiはつながってないけど、LANケーブルでつないでいる状態。LANも繋ぐな!ってことか?

それじゃ、ダウンロードできないと思うんだが…やってみるか。
結果は、

INSTALL_DRIVERS操作中にエラーが発生したため、インストールはSAFE_OSフェーズで失敗しました。

エラーコードは0x800700B7 – 0x20007
エラーメッセージは読めますが…
発生原因もよくわからないし
どこで失敗したのか?わかりそうでわからないし、
結局どうすればいいのかもわからない。
(って、同じ感想2回目)

やっぱり「ダウンロードしています。」って表示がでるんだから、ネットにはつながってないとダメなのでは?

エラーメッセージを入れて、検索しまくりますが、原因不明。
ってことで、もう一度最初からやり直します。
LANケーブルを外していたところ、2%から進まない。試しにつないだところ進み始めたので、つなげておくことにしました。
今度は、

PREPARE_FIRST_BOOT操作中にエラーが発生したため、インストールはSAFE_OSフェーズで失敗しました。

エラーコードは0x800700B7 – 0x2000A
エラーメッセージは読めますが…
発生原因もよくわからないし
どこで失敗したのか?わかりそうでわからないし、
結局どうすればいいのかもわからない。
(って、同じ感想3回目)

エラーメッセージを入れて、検索しまくりますが、原因不明。
方法を変えないと、成功しない気がしてきました。

どうやら、windows7が入っているパソコンからwindows10へアップグレードはできない模様。(機種によっては)
ならば、

本体のHDDをカラにすればwindows10をインストールできるのではないか?

ノートパソコン本体のHDD(ハードディスク)をフォーマットして、インストールすれば成功するのではないかと考えました。

ただ、フォーマットする前に、
1.インストール時間は短縮したい
2.ユーザーデータの保存が必要
3.エラー原因は、本体に適したドライバーがwindows10のリストにないのではないか

この3つをクリアしたいため、
本体のHDD(750GB)を取り出し、代わりに手元にあった中古のSSD(1TB)をカラにしてセットする。
それでwindows10のインストールがうまく行ったら、SSD→取り出したHDDへクローンコピーして、HDDを本体に元通りにセットする。

この方法ですすめることにしました。

1.については、HDDよりもSSDがとても高速なので、時間短縮できます。
2.については、インストールするのはSSDなので、保存するデータをさがす必要がありません。インストールがうまくいったら、HDDをポータブルケースに入れて、USBにつないで、必要なデータをコピーすればOKです。
3.についても2.と同様なのですが、ドライバーは本体のHDDに全てあるので、windows10インストール後に足りないドライバーは取り出したHDDからコピーしてくれば動くのではないか。

との考えです。

本体のHDDを新品のSSDに交換する手順

裏側です

バッテリーを外します。
シャットダウンしてもバッテリーから電気は常に供給されています。
その状態でパーツを取り外すのは好ましくないので、バッテリーは取っておきましょう。

バッテリーを外した状態
メモリ部分の裏蓋を外してみましたが、不必要でした。

青の○で囲ったネジでHDDが固定されていますので、このネジを外します。そして、赤い枠で囲ったところに透明のテープが出ていますので、これを引っ張ると、HDDが取り出せます。

よくみると透明で薄いプラスチックのケースに包まれています。
これが透明なケースです。後で使うので捨てないように。
この薄い透明ケースにSSDをセットします。

ノートパソコンのHDDが入っていたところに、このSSDをセットします。
注意点:HDDよりSSDは薄いので、そのまま押し込んでもこの機種の場合、ノートパソコンのコネクタとSSDの端子の位置が合いません。ノートパソコンを下から覗き込むような体勢で、押し込むと入ります。

再びwindows10のISOファイルを入れたDVDをドライブに入れてインストールを開始します。

今度はSSDにインストール開始

「次へ」をクリック

「今すぐインストール」をクリック

ライセンス認証

ノートパソコンの裏に貼ってある、青白いシールに書いてあるコードを入力します。

つい最近見たような画面だが、微妙に違う

「同意します(A)」にチェックを入れ、「次へ」をクリック

空のSSDにインストールするため、引き継げるもの自体ないので、下のカスタムをクリックします。

注意点:「ドライバーの読み込み」はクリックしないでください。
ここでドライバーの読み込みを試してみましたが、うまくいきませんでしたし、 この画面に戻れなくなります。

「はい」をクリック

「はい」をクリック

「スキップ」をクリック

「次へ」をクリック

この後、インストールは無事完了しました。

しかし、左下のスタートボタン>歯車アイコン>コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>デバイスとプリンター>全般からハードウェアのタブをクリックすると、大容量記憶域コントローラにビックリマークがつくのです。(写真撮るの忘れました。)

この「大容量記憶域コントローラ」というのが、ノートパソコン本体に挿入口があるSDカードリーダーなんです。
windows10では、 SDカードリーダーのドライバーを用意していないと思われます。エラーが3度も出たのは、これが原因でしょう。

windows10で適用されなかったSDカードリーダーのドライバーを読み込ませる

後日、書きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする