キャンプ初心者でテントが不安・・・だけどこれなら手ぶらもOK?

ドームテントキャンプの季節になってきましたねー。

外で食べるバーベキュー、ビールは最高に美味しいですね。

そして夜空には満点の星。

忙しい毎日をここらへんでリセットしてみませんか。

Sponsored Link

キャンプ初心者でテントの購入・設営が不安

さすがに日帰りではキャンプとはいえませんよね。

まずは、テントどうしようか~?

利用人数だけでテントを選んでしまうと、ぎゅうぎゅうで窮屈ですので、+1人分で選びましょう。

仲が良い場合でも、寝袋にくるむと幅はとりますから(笑)

テントの種類

簡単な分類だと、次の3種類に分けられます。、

ドーム型テント その名のとおり、ドームの形です。

ロッジ型テント 小屋のような形です。

山岳テント 登山用です。今回はキャンプなのでそこまでは必要ないです。

設営が簡単なのはドーム型テントです。最近では、ワンタッチで開いてくれるのがあります。

が、ちょっと待った。

キャンプ初心者におすすめなのは・・・

すばり、バンガローやコテージで泊まるのです。

ちなみに、バンガローは、建物内に設備がないもの

Sponsored Link

コテージは、設備(トイレ、家電等)があるもの

ですが、明確な決まりはないので、問い合わせするのが確実です。

テントの心配もないどころか、大雨が降ろうが、雷が鳴ろうが、なんともありません。

実は、昔、近所の3家族で3つコテージを借りて泊まりました。

その夜、滝のような雨と鳴り止まない雷・・・。

ベテランキャンパーなら、「こんな日もあるさ」でしょうが、

初めてテントを張られた方は、寝られたもんじゃなかったでしょう。

話を戻しますが、

トイレの心配もなく、たくさん汗をかいてもシャワーも浴びられ、エアコンで快適、夜はベッドで熟睡です。

年1.2回しかキャンプに行かないなら、こういう選択もありますよ。

小さいお子さんがいらっしゃる場合は、なにかと安心でしょうね。

キャンプに手ぶら?

コテージでしたら、食材さえ持っていけば、OKなんですよ。

バーベキューも、食材を現地近くのスーパーで買い、機材をレンタルすればOK。

そこそこキャンプ気分は味わえますよ。

まとめ

キャンプというと、まずテントが思いつくと思います。

しかしながら、この先、どれくらいの頻度で使うかわかりませんよね。

でしたら、最初はコテージに泊まって、キャンプのいいとこ取りをしてから購入を考えてみても良いのでは?

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>