すだれやよしずを使い分けて、最適なサイズを取り付けたい

スポンサードリンク

すだれエアコンは涼しいですが、一日中かけていると電気代が気になりますよね。

また、体を冷やしてばかりいると、体調が崩れることもあります。

そこで、すだれかよしずを使って涼しく過ごしてみませんか。

スポンサードリンク

すだれとよしずの使い分けとは

どっちも、直射日光とひと目を避けつつ、風通しができる自然素材です。

すだれ

es
軒に吊るすのがすだれです。基本的には細く割った竹が使われています。

空気の層で熱を通しにくくしますので、部屋の中が暑くなりにくいです。

ホームセンターで売られています。

よしず

3617604CC_1
海の家でみかける、外に立てかけてあるのがよしずです。

2~3mの葦(あし)をシュロ糸でつなげてあります。

こちらもホームセンターで売られています。が、大きいので担いで持って帰るのは無理そうです。

車で持って帰るか、配達してもらった方が良いでしょう。

すだれとよしず、どんなサイズがあるの?

すだれ サイズの一例です

幅44cm 高さ80,110cm

幅74cm 高さ90cm

幅88cm 高さ80,112,157,180,220cm

幅96cm 高さ80,112,157,180,220cm

幅176cm 高さ112,157,180,220cm

よしず サイズの一例です

よしずは幅が統一されており、後は高さの違いとなります。

また、尺単位で売られています。ちなみに1尺は約30cmです。

6尺×6尺 高さ180cm×幅180cm

8尺×6尺 高さ240cm×幅180cm

9尺×6尺 高さ270cm×幅180cm

11尺×6尺 高さ330cm×幅180cm

すだれやよしずをどう取り付ける?

すだれ

窓の外側に吊るすのが外掛け、窓の内側に吊るすのが打掛けになります。

打掛けでカンタンな方法は、カーテンを取り外して、カーテンレールに引っ掛けます。

外掛けでカンタンな方法は、すだれの上部にクリップをとりつけ、網戸の上部に引っ掛けます。

巻き取れるように、滑車を取り付けると便利になります。ホームセンターで数百円で手に入ります。

よしず

軒下やベランダに立てかけるだけで設置完了です。窓の外で日陰を作ってくれ、適度に風も通します。

また、よしずに水をかけると、適度によしずが水を吸い取ってくれ、気化熱で2.3℃下がった風が入ってきますよ~。

まとめ

吊るすのがすだれ、たてかけるのがよしず、よしずの方が大きいです。

すだれ、よしずとも、ある程度大きさが決まっていますが、サイズをオーダーできるところもあるようです。

涼しい順番 よしず>すだれ 外掛け>すだれ 打掛け です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>