年賀はがきの交換はいつまで?手数料は必要?喪中が理由なら特別に

215576s今年も残りあと数ヶ月、また年賀状を書く時期が近づいてきました。

書いている途中で、「あっ、間違えた。あちゃー」ということありませんか。

じつは、年賀はがきは交換できるのですが、条件があるんです。

それを紹介いたします。

Sponsored Link

年賀はがきの交換はいつまでOK?

郵便局での交換

今年の年賀はがきと交換できるのは、2015年10月29日(木) ~ 2016年1月8日(金)の間です。ただし在庫がある限りです。

ですから、書き間違えた年賀はがきは、早めに交換した方がいいですね。

在庫がなくなったら、通常の切手、一般の郵便はがき、郵便書簡(ミニレター)、レターパック封筒なら、いつでも交換できます。

年賀はがきが余ってしまったけど、もうはがきはいらないよ。

っていうときには、通常の切手やレターパックに交換できるので覚えておくといいですよ。

ちなみに、去年の年賀はがきは、今年の年賀はがきと交換はできませんが、通常のはがき、切手などに交換できます。

ただ、郵便局では現金に交換することはできません。

郵便局以外での交換

金券ショップでしたら、現金に交換できますが、

書き損じたはがきや印刷の具合、またお店の在庫具合で

買取不可になったり、金額が変わってきますので、事前に問い合わせた方がよいでしょう。

コンビニでは交換、返品は受け付けてくれません。

年賀はがきの交換は手数料無料?

残念ながら無料ではありませんが、郵便局で1枚5円の手数料で交換できます。

かなり良心的な価格ですよね。

手書きだとそんなに間違えはしないと思いますが、注意したいのは、ご家庭のプリンターで印刷されるとき!

Sponsored Link

大量生産しますので、間違えに気づかないと「不良品」が大量にできてしまいます。小さな工場みたいなものですから。

よくあるのは、プリンタにセットする方向を間違えた!

これを防ぐ方法は、

年賀はがきの大きさ(横100mm×縦150mm)に切った紙を数枚用意します。

年賀はがきを多く買った場合には、はがき大のピンクの紙が間に挟んであるので、これを使いましょう。

プリンタに差し込む向きを矢印でその紙に書いて1枚印刷します。

本番は、その紙に書かれた矢印の方向で、プリンタに年賀はがきをセットします。

また、インクが少なくなってきたら、印刷された年賀はがきを時々チェックしてください。

あるインクだけ出が悪くなって、色合いが変わってくることがあります。

プリンターの設定で、インクジェット用紙や写真用紙に設定すると、普通紙よりインクを多めに消費しますので、注意が必要です。

ちょっと面倒ですが、交換枚数を増やさないために行うことをおすすめします。

年賀はがきの交換で喪中の場合は特別扱い

身内の急なご不幸により、年賀はがきが使えなくなってしまった。

こういう場合は、無料で通常切手、郵便はがき、郵便書簡、レターパック封筒に交換できます。

ただし条件があります。

条件1. 2015年10月29日(木) ~ 2016年1月8日(金)の間で

条件2. 簡易局以外の窓口で

条件3. 喪中であることを伝え、備え付けの請求書に(請求される方の)住所、名前、亡くなられた方との続柄を記入してください。

まとめ

出すのはちょっと面倒だけど、年賀状が届くと嬉しいものです。

それは相手も同じ。

去年来なかった相手は、身内で不幸があったけど、喪中のはがきを出すほどの濃い付き合いでもないし。と考えたのかもしれません。

今年はその方に、年賀状を書いてみませんか。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>