月の表面は謎だらけ。なぜいつも同じ面?クレーターは浅く、土も古い

スポンサードリンク

fbb1020164aa7f9345a5f3304a7f4afe_ss秋の月は四季の中でも特別にキレイに見えますよね。

これは、秋は空気が乾燥しているため水蒸気が少なく、

ぼやけることがすくなく、くっきり見えるからだそうです。

その月面に着陸した人類ですが、どうやら謎が多い天体なのです。

スポンサードリンク

月の表面はいつも同じ面しか見られない

月の表面にみえる「うさぎ」は、満ち欠けこそすれど、

満月なのにいなくなることはありません。これは、

月は、地球を一周する間にちょうど1回転(27.32日)しているためなのです。

偶然にしては出来過ぎているような気がします。

誰かがコントロールしているのでしょうか。

また、完全な球体ではなく、金属を多く含む表面(おもてめん)が地球に引っ張られているから

とも言われています。

表面(おもてめん)に偏っているというのも不思議ですね。

月の表面のクレーター、底はなぜ浅い?

隕石が落ちてクレーターは出来たとされています。

大きな隕石ならクレーターは広く、深くなるはずです。

しかし、深さは約6kmと一定なのです。

昔は熱い星だったから、溶岩で埋まったとか

氷の地殻だったから・・・

とかありますが、一定にはならないような気がするのです。

月の表面の土壌は地球より古い

月の表面から採取した岩石を調べてみると、地球の最も古い岩石より古く、

46億年もたっているものがあったそうです。

また、土壌は岩石より10億年古いものがあったそうです。

地球が誕生して46億年たちますが、地球が誕生する前に月があったのでしょうか?

まとめ

「うさぎ」なんて実際にはいないし、空気もない。

重力が小さいから飛び跳ねるように歩くことになるんだよね。

と、わかっているような気がしている月ですが、まだまだ解明されていない謎は多いです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>